あなたのいらなくなったトラックを高価買取いたします!信頼できる人気業者を比較ランキング!どんなトラックでもご相談下さい。

そのトラックは高床

トラック

《そのトラックは高床?低床?買取査定額に違いはあるの?》

トラックの中でも2t車クラスに乗られている方は、高床・低床という言葉を聞く機会が多いと思います。ご自分のトラックが高床か低床かによって買取査定額に違いが出てくるため、それぞれの特徴と需要の有無についてご紹介していきます。

高床トラックの特徴と需要

高床のトラックは不整地を走る場合に多く使用され、主にダンプとして使用されることが多いという特徴があります。ダンプ以外でも林業に使用される平ボデー、クレーン付き車などにも多く見られ、その需要は日本国内ではそれほど多くないのが現状です。しかし海外に目を向けると日本国内とは違う需要があります。

東南アジアやアフリカなどの海外新興国は、現在道路の整備が行き届いていない地域でトラックを使用する機会が非常に多いため、日本製の高床トラックは高い人気を誇っており、常に高い需要があります。そのため海外輸出を行っている買取査定業者に買取査定の依頼をすると高額査定の可能性が高くなるのです。

また海外輸出をする際には輸出先の為替レートを確認することをおすすめします。なぜなら買取業者は「今海外に送るといくら儲けがある」と計算をした上で買取価格を提示するためです。

以上のことから自分のトラックが高床である場合、海外の需要と為替レートを確認すると良いでしょう。

低床トラックの特徴と需要

低床トラックは国内で使われるトラックのほとんどを占めていると言っても過言ではありません。

そしてそのボデー形状は平ボデー・クレーン付き平ボデー・バン・ウイング・キャリアカー・タンクローリー、一部ダンプなど、ほとんど全ての形状に適用されているといった特徴を持っています。また需要について、不整地を走ることが少ない場合にはほとんど全ての場合に対応でき、なおかつ汎用性が高いことから日本国内で高い需要があります。

以上のことから低床トラックの買取査定依頼をする際は、国内販売に強いネットワークを持つ買取業者に依頼すると良いでしょう。安定した需要と安定した供給を持つ低床トラックはどのタイミングでも比較的安定した買取査定額が提示されることが多いため、余裕を持って買取査定依頼をすることが可能になります。

まとめ

高床トラックと低床トラックの特徴と需要についてご紹介してきましたがいかがでしたか?それぞれのトラックには全く異なる特徴と需要があることが分かったかと思います。その特徴と需要をよく理解しておくことで買取業者の選択もできますし、より高額な査定結果につながります。ぜひご紹介した情報を活用して買取査定依頼をしてみてください。

トラック買取!おすすめ・高価買取| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です