あなたのいらなくなったトラックを高価買取いたします!信頼できる人気業者を比較ランキング!どんなトラックでもご相談下さい。

買取査定依頼前にトラックの仕様を思い出そう!

チェックシート

トラックを買取業者に買取査定依頼する際、買取業者はそのトラックがどのようなボデーでどのような仕様をしているかを確認しています。そしてその仕様によってトラックをいくらで買い取るか、買取価格を決定しているのです。

しかし買取査定依頼者の方は古くなった自分のトラックの仕様を覚えていないことが多く、正当に評価されているのかを把握していない場合が少なくありません。そこで今回は自分のトラックの買取査定依頼前にチェックするべき仕様について紹介していきます。

■トラックの仕様の主なものは?
トラックメーカーは大・中・小型全般で、廉価仕様・ノーマル仕様・特別仕様のいわゆる「松竹梅」の関係性を持つ仕様を用意していることが多く、それぞれ異なる内外装の仕様を展開しています。廉価仕様では仕事をするために最低限の装備しかない場合が多く、メッキパーツはもちろんのこと、オーディオやグローブボックスなどの快適装備が少ないのが特徴です。

しかし仕事の道具として見られるトラックにおいて、通常の仕事で問題なく使える場合であれば特に減点されることも無く通常通りの査定が行われます。ノーマル仕様は廉価版よりもやや快適装備が充実しているのが特徴です。

しかしメッキパーツなどの装飾類はないことが多く、特別仕様と比較すると見劣りしてしまうのは否めないでしょう。

しかし廉価仕様に比べて買取価格はやや高めの傾向にあるようです。各社各車種の頂点に位置する特別仕様はノーマル仕様に比べて別格で、メッキパーツなど装飾パーツの充実や、収納スペースの増大に代表される快適装備の充実がされており、トラックドライバーの誰もが羨む仕様となっています。

そのため中古車市場でも高値で取引される場合が多く、買取査定額もその他の仕様に比べて高額である傾向があります。自分のトラックが度の仕様であったかを思い出すことで買取金額の正当性が分かるかもしれません。

■自分のトラックの仕様を忘れた場合、どうすればいい?
自分のトラックの仕様を忘れてしまう方も中にはいます。しかし確認する方法はいくつかあります。

まず一つ目は購入時の見積書または仕様書を見ること。トラックディーラーやその他販売店からトラックを購入する際には仕様の詳細を記したものが書面に残っている場合がほとんどです。

購入時の見積もりや仕様書を保管している場合は迷わず確認しましょう。二つ目はトラックディーラーに直接顔を出し、仕様の確認をしてもらうことです。トラックディーラーは車体番号などの車両情報から、そのトラックにどのようなオプションがついているか、どのような仕様なのかを確認することが可能である場合が多く、詳細を正確に教えてくれます。

もし時間があるのであれば最も確実な方法であるためおすすめです。

まとめ

仕様による違いは細かくトラックの買取査定には多少の違いしか生まない場合も多い事が現状です。しかし自慢の愛車を少しでも高く評価してもらいたいというのが人情というもの。正確な仕様を確認して買取査定を見極める事れをおすすめします。

トラック買取!おすすめ・高価買取| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です