あなたのいらなくなったトラックを高価買取いたします!信頼できる人気業者を比較ランキング!どんなトラックでもご相談下さい。

排ガス規制前の古いトラックは安く買い取られてしまうのか

考えてる男性

トラックの買取査定を行う際、買取業者から派遣された査定士は年式と型式を詳しく聞かれることが多いのを知っていましたか?単に新しいトラックの方が高く売れるから聞かれるのだと思っていませんか?実はそれ以外の理由で年式や型式が、買取査定に大きな影響を及ぼす事実があるのです。今回はそんな知られざる事実をご紹介します。

■排ガス規制が重要なポイントだった!
トラックに乗っている方の多くは「排ガス規制」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。排ガス規制を大まかに説明すると「古い車は大体の地域で登録することができませんよ」という規制です。

古い車を登録・使用するためには規制地域外に出るほかなく、トラックを使用される方には厳しい規制となっています。

ではなぜそのような規制が重要なポイントなのか、やはり新しいトラックの方が査定結果が良いのではないかと思いませんでしたか?実は古いトラックは排ガス対策があまりされていない代わりに大排気量・高馬力のエンジンを有していることが多くあり、また現在と比べて電子制御が少ないため、海外新興国輸出向けのトラックとして非常に人気が高くなっているのです。

そのため古い車であっても車種によっては高額な査定結果となる場合もありますので、諦めず査定に臨みましょう。

■排ガス規制前・後のトラックの見分け方
古いトラックでも諦める必要がないことは分かったかと思いますが、どのように排ガス規制前後の見分け方をご紹介します。まずはじめに確認するのは「排ガス後処理装置」がついているかどうかです。

排ガス後処理装置とは排気ガスを直接排出せず、排気ガスを再燃焼させることや尿素水を吹きかけて有害物質を抑える装置のことです。大まかにこの装置がついていないトラックは規制前、装置がついているトラックが規制後となります。

規制前のものであれば、その大排気量高馬力のエンジンは海外新興国や、国内で規制地域外である山間部などの不整地での需要が非常に高いため、査定結果が高額になることも珍しくありません。

まとめ

規制について見分け方をご紹介してきましたがいかがでしたか?実際には装置がついていなくても規制後のトラックもあり詳細な判断は難しいため、規制前か後か確認しても分からない場合は付き合いのある自動車整備工場やトラックディーラーに聞くと、詳しく教えてくれるかと思います。古いトラックでも諦めず、査定依頼をして高額査定を勝ち取りましょう。

トラック買取!おすすめ・高価買取| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です